旦那の浮気調査をしたい!まず自分で出来ることとは?

皆さまのなかで、旦那様の浮気を疑っている方がいるかもしれません。最近帰りが遅い、休日によく出かけるようになった、出張が増えた、いつもより優しいまたはよそよそしいなど、何か急な態度の変化やいつもと違った旦那様の行動に疑いの目を向けている方も少ないです。こういった行動や態度が見られるようになったら、自分なりに何かアクションを起こすことが大切です。離婚などを考えている方はもちろんですが、早めに解決しておくことをおすすめします。弁護士に相談するなど専門家に相談する前に自分なりにできることをまずはしておきましょう。次のようなことをしておくと、今後弁護士に相談するのがスムーズになります。

1.まずは行動をまとめる
このような態度や行動の変化を細かに羅列し、いつから始まったのか、どういった頻度なのか、いつあったのか、どこでなのかなど、細かく書き記しましょう。一番よろしくないのは、なんとなく夫がよそよそしい、最近外出がちだなど、曖昧な相談です。そういった相談ですと、相談してから行動を調べることになりますので、それだけ調査の開始が遅れたり、弁護士にそういった部分も任せると費用もかかります。ですので、自分でできる身辺の変化の取り纏めは自分で事前にしておきましょう。

2.証拠をあつめる
次にもし確信があるなら、証拠を集めましょう。証拠は、メモやレシート、録音や写真などです。一番は、浮気相手とのデート現場の写真ですが、尾行するのはちょっと自信がないという方も多いと思うので、まずはご主人の財布や手帳など探ってみましょう。スマホやパソコンのデータなども証拠になります。ただ、ご主人の持ち物を探るのに抵抗があれば、無理をしないでくださいね。あまりご主人の持ち物を触ると、かえって警戒されてしまったり、疑いをもっていることを気付かれてしまいますので、ほどほどになさってくださいね。クレジットカードの明細書や、携帯電話の通話履歴なども証拠になりますよ。

3.浮気以外の有利な点を探す
もし今後、離婚を前提に考えているのなら、浮気以外の事柄も離婚が有利になることもあるので、それ以外のポイントも抑えておきましょう。例えば、肉体的、精神的な暴力や叱責、失言などです。こういった事柄も証拠があると便利です。医師の診断書などが一番明白な証拠となりますが、録音や写真などでもOKです。それ以外には、ギャンブルや借金などがあればそれも有利になります。家庭にお金をいれないとか、家に帰ってこないなど、そのようなことでもいいでしょう。

4.自分の身辺も整理しておく
もしかすると相手も自分との離婚を希望しているかもしれません。そのような場合だと、相手も何かそれなりの準備をしているかもしれないので、自分の身辺もきれいにしておきましょう。相手に弱みをつかれないようにしておきなしょう。例えば、買い物が多い浪費家の方やもしかして自分も異性関係で何かあったとしてもクリアにしておきましょう。

5.今後のことをしっかり考えておく
そして一番重要なのか、自分がどうしたいのかということをよく考えておくことです。弁護士に相談するとしても、必ずしも離婚前提でなければならないというわけではありません。今後話し合いの結果によっては、一時的に別居をしたいとか、関係を立て直したいという場合もあるでしょうから、そのような希望であっても弁護士に相談することは可能です。そしてもし離婚したいなら、子供がいるなら親権はどうするのか、慰謝料はどれくらい必要なのか、財産はどうするのかなど、いろいろ離婚後もことも考えておきましょう。こういった細かなことは専門的な知識が必要になるのでまずは弁護士に相談してみましょう。

まとめ

浮気調査を自分で行う場合は慎重になりましょう。
浮気かどうか分からない時点で浮気調査しているのがバレてしまうと旦那は怒ると思います。
全ての旦那が浮気しているわけではなくときには浮気していいない夫もいることを忘れないようにしましょう。
本当はいい旦那で浮気していなかったのに浮気調査で失敗してしまうと、それこそ離婚の原因になります。
最初はGPSや尾行や履歴を確認する前に、いつもと態度や言葉が違うか考えてみましょう。
どこか確実におかしいところがあれば浮気調査を少しずつ始めましょう。