パートナーにGPS発信機を使うのは違法?合法?【結論:基本的に合法です】

この記事にたどり着いた方の中には、パートナーに対して浮気の疑いを抱いており、GPSをつけるかどうか考えている…そんな方が多いのではないでしょうか?

しかし、パートナーとは言え他の人にGPS発信機をつけるのは法に触れたりしないの?と実行を思いとどまっている方もいると思います。

そこで今回は「パートナーにGPS発信機をつけるのは違法?合法?」というテーマでお送りしていきたいと思います。

GPSを浮気調査に使うことの違法性は?

まず最初にGPSを浮気調査に使うことの違法性について考えていきましょう。

基本的に、配偶者に対してGPSをつけることは違法にはなりません。

「婚姻関係を継続するために必要なことである」という理由があれば、犯罪行為にはならないためです。

しかし、配偶者を監視する目的であったり、事実婚、婚約中などまだ婚姻関係にない場合は、プラシバシーの侵害、迷惑防止条例違反に問われることもありますので注意が必要です。

そもそも、GPSを使えば自力で浮気の証拠を掴むことが出来るの?

GPS発信機は多くの探偵事務所が浮気調査に使用しています。

確かにGPSを使えば、配偶者の居場所を特定することができます。

待ち伏せをすれば、浮気相手と密会している現場を抑えることも出来るでしょう。

しかし、その場面を写真や動画に収めないと意味がありません。

なぜなら、GPSで配偶者の居場所がわかったとしてもそれは、あくまで単なる「位置情報」です。

ある時刻に配偶者(正式にはGPSを付けた車両や持ち物)が、ある場所にいたことの証明にしかなりません。

あまり知られていない事実ですが、浮気には法的な定義があります。

「特定の相手と複数回に渡り肉体関係を持つ」こと。

これが法の定める浮気の定義です。

浮気を理由に離婚を求めたり、慰謝料を請求するには、法的な浮気の定義を満たす証拠が必要になります。

例をあげると、

  • 浮気相手とラブホテルから出てくる現場(異なる日付で数日分)の写真か動画
  • 配偶者の浮気の供述の録音(アナログ機器が望ましい)
  • 探偵事務所が作成する調査報告書

などです。

GPSで得た位置情報は「状況証拠」にしかなり得ません。

確実な証拠としては不十分ですので、位置情報を得た上で、配偶者と浮気相手が密会する現場を抑えて写真や動画を撮る、ここまで行う必要があるのです。

GPSは確かに浮気の証拠入手のための強力なアイテムにはなり得ますが、追跡調査も必須になるんですね!

GPSの種類や付ける場所で違法性が出てくる?

GPSを付ける場所といえば車が最もポピュラーですが、様々な場所が考えられますよね。

しかし配偶者にGPSをつける場合でも、GPSの種類や場所によっては違法になる場合があります。

相手のスマホにGPSアプリをインストール

スマホ用のアプリの中には、GPSを利用して遠隔操作で相手の現在地がわかるものがありますよね。

そのアプリをインストールしようと躍起してしまうかもしれませんが、この行為は違法です!

配偶者とは言え他人のスマホを触れ、勝手にアプリをインストールする行為は「プライバシーの侵害」そして「不正アクセス禁止法」にあたることがあります。

配偶者の勤務する会社が所有する車にGPSをつける

多くの場合GPSは車両につけますが、配偶者の勤務する会社保有の車両にGPSをつける行為は違法です。

なぜなら車両の所有者は会社だからです。

最悪の場合、会社から損害賠償を請求される可能性もありますので注意が必要です。

別居している配偶者の車両にGPSをつける

別居している場合、少し注意が必要です。

別居していたとしても、婚姻関係が継続している限り、「夫婦の共通財産」である車にGPSを付けるのは違法ではありません。

しかし、プライバシーの侵害、つきまとい行為とみなされ、「迷惑防止条例違反」となるケースがあるのです。

夫婦関係にもよりますが、配偶者が訴えてくる可能性もありますので、別居している配偶者に対してGPSをつける行為は違法行為になる、と思っていた方がよいでしょう。

GPSをバッグや衣服につける

いくらGPS発信機が軽量化されてきているとは言え、バッグや衣服にGPSをつける人は極少数だと思います。

しかし車両などと違い、バッグや衣服は配偶者個人の持ち物ですので、その気になれば配偶者がプラシバシーの侵害で訴えることもできるのです。

限りなくグレーであり、何より発見される可能性が高いのでGPSをバッグや衣服につけるのはやめた方が良いでしょう。

もし車両につけたGPSが配偶者に見つかったら?

今のGPSは非常に小型です。ですから、つける場所さえ厳選すれば、配偶者に発見される可能性は極めて低いと言えます。

しかし、仮に配偶者に見つかってしまった場合はどのようにしたらよいのでしょうか?

SIMカード挿入型のGPSは身元がバレる

GPSの中には、本体の中にSIMカードを挿入するタイプのものがあります。これは、かなりの確率で身元がバレます。

配偶者がその気になれば言い逃れはできません

しかし、先ほどもお話した通り「婚姻関係を継続させるため、浮気の疑いを払拭したかった」と言えば違法にはなりません。

とはいえ、配偶者との間に決定的な亀裂が入ることがありますので、SIMカードが必要なGPSは使わない方が賢明でしょう。

浮気を解消させるチャンス?

GPSが配偶者に見つかってしまった場合、感情的にならず冷静に話し合いをしましょう。

離婚を望まず、夫婦関係の再構築をしたい方は、浮気を解消させるチャンスです。

GPSをつけるという行為に走るほど悩んでいた、ということを真摯に訴えれば、配偶者に離婚の意志がない場合は浮気関係を解消してくれるはずです。

感情的に配偶者を批判するのは絶対にNGです。夫婦関係に更なるひずみが出る可能性があるので、あくまで冷静に対応するよう心掛けましょう。

浮気調査に使うならどんなGPS発信機がオススメ?

さて、みなさんはGPSにも種類があることをご存じでしょうか?

GPSは大きく2つにわけることができるんです。

①記録型

GPSロガーとも呼ばれます。GPSをつけた相手の居場所を記録するタイプのものです。

過去の位置情報しかわかりませんので、追跡調査には使用できません。

②リアルタイム型

人工衛星とネットを介することで、居場所をリアルタイムで特定します。番地レベルで居場所を把握できますし、PCのブラウザ画面・スマホ・タブレットなど、ネットにつながるものであれば、どのデバイスからでも追跡・尾行が出来ます。

とりあえず配偶者の行動を把握したいという場合は、記録型で行動パターンを知るのも一つの手ですが、確実な浮気の証拠をできるだけ早く!という場合はリアルタイム型を選ぶ必要がありますね。

リアルタイム型の場合は、GPS本体の購入orレンタル代金の他に電波法に基づく利用料金の支払い義務が発生します。

GPSを配偶者につけるのは違法ではない!しかしリスクも考えよう

いかがでしたか?

今回は「配偶者にGPS発信機を使うのは違法?合法?」というテーマでお送りさせていただきました。

基本的に、配偶者に対してGPS発信機を使うことは違法ではありません。

しかし、取り付け場所や関係によっては、違法性も出てくるということは覚えておいてくださいね!

そしてGPS発信機を配偶者に使うことにはリスクもあります。一番大きなリスクは、配偶者にバレてしまうということです。

夫婦関係がさらに悪化してしまうこともありますので、設置場所は厳選しましょう。

「GPSをつける場所」については、別の記事で詳しくご紹介しています。

【自分で浮気調査】パートナーにGPSをつける!最適な場所と注意点は?【結論:車両がオススメ】

また「GPSを使えばどこまで浮気の証拠が掴めるのか」や「浮気調査にオススメのGPSの種類」についてはこちらの記事が参考になります。

【自分で浮気調査】GPSを使えば自分で浮気の証拠がつかめる?