> 私の「原一探偵事務所」での浮気調査の体験談【※証拠写真アリ】

私の「原一探偵事務所」での浮気調査の体験談【※証拠写真アリ】

原一探偵事務所調査報告書表紙

※この体験談ではご本人のプライバシーを尊重し名前を伏せさせていただいております。

恋人や配偶者の浮気で悩んでいる方の中には、探偵事務所に浮気調査を依頼することを検討されている方も少なくないと思います。

そしてその中には、どの探偵事務所が信頼できるのか、調査料金はどれくらいかかるのかリサーチ中の方もいらっしゃることでしょう。

数年前私も同じように悩み、苦しみ、リサーチを重ねた上ある探偵事務所に浮気調査の依頼をしました。

その探偵事務所とは「原一探偵事務所」です。

「原一探偵事務所」は大手探偵事務所で知名度も高いため、名前を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

今回は

  • 私が浮気調査を依頼した理由
  • なぜ数ある探偵事務所の中から原一探偵事務所を選んだのか
  • 浮気調査の内容はどんな感じだったのか

等を、今浮気調査を検討中の方に向けてなるべく詳しくお話していきたいと思います。

浮気調査の依頼に至るまで

当時私はある男性と婚約中でした。

互いの両親にも紹介済みで、結納こそしませんでしたが結婚後の生活のためにマンションを購入し、家具や家電なども揃え結婚生活を始める準備は整っていました。

籍を入れる日はいつにしようか、式はあげる?あげない?と話し合っている、そんな時期でした。

本来であれば幸せの頂点である時期です。

しかしそのころから彼の様子が変わってきたのです。

彼がまさか浮気?

彼とは交際2年を経て結婚を決めました。

一緒に暮らし始めてからはまだ4か月でしたが、彼の性格や趣味嗜好などはわかっていたつもりです。

同棲を始めてから私が最初の異変を感じるまでの4か月は、出勤後昼休みに電話やメールを必ずくれましたし、残業の日を除いては、仕事が終わるとすぐに帰宅していました。

それが、少しずつ昼休みの連絡が減ってきたのです。

仕事が繁忙期だと説明され納得していたのですが、その頃から帰宅時間が遅くなる日が増えるようになりました。

それまでの2年4か月、些細な喧嘩はありましたが、大喧嘩も、もちろん彼が浮気をしたという事もなかったので、自分の中に芽生えた疑惑になんとか蓋をしようとしました。

スマートフォンを持ち歩く彼

その頃の彼は、家の中でも常にスマホを肌身離さず持っていました。

それまでは、リビングのテーブルに無造作に放置していたのに…です。

お風呂に入る時も、トイレに行く時も携帯を持っていきます。

ここまでくればさすがに私も「おかしい」と思うようになりました。

その日は帰宅も遅く、理由を聞くと残業なのに帰宅した時はやたらテンションが高く、饒舌でした。

もはや自分の中の疑惑を隠しきれなくなっていた私は、彼の就寝を待ってスマートフォンのチェックを試みたのです。

しかし彼のスマホはロックされていました。

2年以上付き合っていましたが、そんな事は初めてでした。

彼の誕生日、私の誕生日、付き合った記念日、マンションの契約をした日など、考え得る数字の組み合わせをすべて試しましたがロックを解除する事が出来ませんでした。

必死になっている自分がものすごくみじめで泣けてきたのを今でも覚えています。

浮気の尻尾を掴みたい!私が試したこと

スマホがダメなら他の方法で彼の浮気の尻尾を掴もうとその日から色んなことを始めました。

スーツのポケットやカバンの中、車の中をチェックしたり、彼と一緒に使っていたPCのネット閲覧履歴を見たりと必死でした。

今思うと自分でも気持ち悪いのですが、彼のスマートフォンに非通知で電話したり、就業時間に名前を偽って会社に電話をしたり…なんて事もしました。

私も仕事があったので、尾行こそしませんでしたが、時間的に余裕があればやっていたかもしれません。

それほど精神的に追い詰められていたのです。

私が必死になっても、結局浮気を裏付ける証拠は何も見つかりませんでした。

ただ、彼の帰宅時間は相変わらず遅く、連絡がつかない事もたまにあり、不安はますます大きくなっていました。

私は不眠症になり食事もあまり出来なくなり、精神的に限界を感じてとうとう彼に浮気の有無を問い詰めました。

もちろん彼は否定しましたが、だからと言って疑いが消えたわけではなく、慌てぶりから逆に浮気を確信しました。

その頃の彼はやたら優しかったり、逆に無口になったりと落ち着かない感じでした。

そして決定的だったのは、セックスの回数が激減した事です。

彼から誘ってくる事は皆無、私から誘っても「疲れている」「風邪気味だ」など理由をつけて断られていました。

これには女性としての自信とプライドが本当に傷付けられました。

それまで誰にも相談出来ずにいた私ですが、私の様子を心配していた友人に一部始終を打ち明けました。

飲食店を経営している彼女は人生経験も豊富で顔も広く、私はとても信頼していました。

そして彼女のお店のお客さんの一人が、奥様の浮気調査をした事があるというので詳しく話を聞かせてもらう事にしました。

私が「原一探偵事務所」を選んだ理由

原一探偵事務所_相談

彼女のお店でその方に詳しく話を聞かせてもらいました。

色々と話を伺ったのですが、内容を要約すると「妻が怪しいと思ってはいたものの、決定的な確証は得られずある探偵事務所に依頼した」という事でした。

その頃は、最初に彼の様子がおかしいと感じてからすでに3か月が経過していました。

きっかけは友人の紹介

両親からは「いつ籍を入れるんだ?」と急かされていましたが、彼が入籍の話をなんとなく避けている気がして、私は心身ともに追い詰められていました。

そのため、「とにかく事実関係をハッキリさせたい!」という一心で、この方が浮気調査を依頼したという探偵事務所に相談する事にしたのです。

相談と言っても、私の中では依頼する事は9割は決めていました。

ただ、探偵というとちょっとグレーなイメージがあり、本当に信頼する事が出来るのか、料金をぼったくられる事はないかと若干不安があったのは事実です。

実際に事務所を訪れてみて

その後友人のお客さんである男性が間に入ってくださり、私は直接事務所に行く事にしました。

電話やメールで相談も可能と言われたのですが、一刻も早く真実が知りたかったので、実際に事務所を見てみて怪しくなければ(失礼な言い方ですが)そのまま契約したい、と思っていました。

そのため、時間を無駄にしないため直接事務所を訪れたのです。

当時私は都内に住んでいましたが、埼玉市の本社を訪れました。

何となく支社より本社の方が安心できる気がしたのと、紹介してくださった方も本社で契約したと聞いたからです。

探偵事務所のイメージが一変

探偵事務所

実際に私が原一探偵事務所を訪れてみてまず感じたのは、抱いていた探偵とのギャップです。

中に入ってみると、探偵事務所だと言われなければ絶対に分からない、普通のオフィスが広がっていました。

男性も女性もスーツ着用で、接客マナーも完璧でした。

完全にビジネスライクな感じだったので逆に躊躇する事なく淡々と相談をする事が出来ました。

変に同情的な態度を取られたり、くだけた感じだったら調査依頼を躊躇したかもしれません。

私は予算に限りがあったので、その点も含めて赤裸々に話をさせていただきました。

調査してみないと分からないし、物的証拠が何もない状況なので「浮気をしているかしていないかはこの場では何とも言えない」と言われたのも好感が持てました。

調査料金のシステムは非常に明快で、基本料金+1日あたり8万円が目安と言われました。

他社さんの料金も事前にいくつか調べていきましたが比較的良心的なお値段だと思います。

(そもそも探偵事務所の料金相場が分からない!という方はこちらの記事を参考にしてみてください)

私の予算は25万円だったのでそれを伝えたところ、その料金であれば2~3日で結果を出さないといけないので、調査をスムーズに進めるために、出来るだけ情報が欲しいと言われました。

予算の話をする頃には依頼する決心がついていました。

事務員、調査員の方と話してみて信頼できると感じたからです。

予算内で浮気調査をしてもらうには…

パック料金システムの探偵事務所もあるようですが、原一探偵事務所はあくまで稼働日数によって料金が決まるシステムでした。

(探偵社の料金プランについてはこちらで詳しくまとめています)

なので、もしこの日が怪しいという日があればその日に調査を行えば、成功する可能性が高いと言われたのです。

彼の帰宅時間はその日によってまちまちでしたが、ジムに通っており、彼が取っていたクラスは月曜日と水曜日にありました。

週の内この2日は浮気疑惑を持つ以前から帰宅が遅かったのでそれを伝えたところ、翌々日である水曜日から調査を開始という事になり、その場で契約しました。

料金は前払いでも後払いでも大丈夫、カードも利用可能という事だったのですが、私は依頼するつもりでATMに寄っていたので、前払いで25万円お支払いしました。

基本料金4万円で、調査料金は1日8万円なのですが、25万円の予算で最大3日間やってみましょうという事でした。

1日に何時間稼働するかという事は言われませんでしたが、2人1組で尾行・張り込みをするとの事でした。

私は彼の写真(正面アップ、横顔3枚)を持参していました。

なるべく多くの情報という事で

  • 生年月日
  • 趣味
  • 通勤経路
  • 車の種類とナンバー
  • 行きつけの店
  • 通っているジムの場所
  • 身体的特徴

なども話した記憶があります。

また、浮気相手と会う確率が高い日・時間もいくつかピップアップしてお伝えしました。

これらの情報があるとピンポイントで調査が出来るので、効率が良いとの事でした。

依頼をしてから調査報告書を受け取るまで

相談したその日に契約・支払いを済ませ、調査は明後日からスタートする事になりました。

その日は水曜日で、彼が毎週ジムに行く日だからです。

帰宅が遅くなっても私に疑われない日なので、ジムにかこつけて浮気相手と会うかも?と考えていました。

依頼してから調査終了まで

契約の後はそのまま帰宅し、調査初日を迎えました。

調査経過報告は特にこちらからはしないが、答えられる範囲でお答えします、との事だったのですが、私はとにかく3日待つ事にしていました。

しかし、調査開始後2日で原一探偵事務所から連絡がありました。

探偵事務所からの電話

依頼をしてから3日目、仕事中の私の携帯電話に事務所から連絡がありました。

話を聞いてみると、「詳しくは調査報告書に記載しますが、○○さん(私)の婚約者の方がある女性と密会している証拠を得た」とのこと。

調査報告書は郵送も可能と言われたのですが、彼と一緒に暮らしているのでそれは避け、再び埼玉市の本社まで出向いて調査報告書を受け取ることにしました。

調査報告書を受け取りに事務所まで

調査報告書には実に詳細に浮気調査の内容が書かれていました。

こちらが実際に受け取った調査報告書になります。

プライベートな内容なので、調査報告書の中身はお見せ出来ませんが…

原一探偵事務所調査報告書

そしてある事実が明らかになりました。

彼には私の他に付き合っている女性がおり、彼女のマンションに出入りしていたのです。

調査員の方に「法的な浮気は肉体的な関係がある事を証明しないといけないので、女性の自宅では裁判をするには弱い」と言われましたが私には十分でした。

(ちなみに裁判の際の証拠としては、シティホテルよりラブホテルが良いそうです。)

その女性の住むマンションの名前、住所(番地まで)がしっかり記載されていました。

写真も顔が確認出来るレベルでキレイに撮影されていました。

浮気が明らかになってからの私の行動

私は調査報告書を受け取ったその日に彼と話をしました。

浮気を否定していた彼ですが、もう一度だけ正面から向かい合おうと思ったのです。

動かぬ証拠を前に彼は…

浮気を否定する彼に探偵事務所から受け取った調査報告書を見せたとたん、彼の顔色が変わりました。

そこでようやく浮気を認めました。

彼女は同じ会社の部下(契約社員)で、彼と私が同棲を始めたころに契約社員として入社したそうです。

彼が言うには、マンションという大きな買い物をして結婚が現実的になり、いわゆるマリッジブルーだったそうです。

それは言い訳にはなりませんが、何となく彼の気持ちがわからなくもなく、それ以上彼を責める事は出来ませんでした。

かと言って、約5か月も私を裏切っていた事を許せるわけはなく、私は別れを決意しました。

私が出したある結論とは

彼は「彼女とはすぐに別れる」「入籍も私がしたい日にする」と必死でしたが、私は完全に許せる日が来るとは思えず、結果別れる=婚約破棄になりました。

一緒に買ったマンションは売却し、その金額を二等分する。

慰謝料は特に請求しないという結論を出しました。

幸いにも入籍前でしたし、精神的も肉体的にもかなり疲れていた私は一刻も早く終わりにしたいと思ったからです。

友人たちには慰謝料を貰うべきと言われましたが、この決断を後悔していません。

実家が近くだったので、私は荷物をまとめ翌日にはマンションを出ました。

両親には心が痛みましたが正直に話し、両親もまた慰謝料は請求しない事に賛成してくれました。

調査報告書は約5ページでした。

その5枚の紙によって人生が変わったわけですが、依頼してから3日という短い期間で浮気の事実を明かにし、かつ相手まで突き止めてくれた原一探偵事務所には感謝しています。

浮気調査を経て…現在の私

私が実際に原一探偵事務所に浮気調査を依頼した時の体験談を赤裸々にお話しさせていただきました。

私が一番辛かった時期は「彼が浮気をしているかもしれない」という疑惑の中にいた時です。

「彼が浮気なんてするはずがない」「浮気なんて認めたくない」と思いながらなんとか彼を信じようとしていた期間は本当に辛かったです。

いくら信じようと思っても、浮気を疑わせるような行動や言動ばかりが目につくのですから…。

彼のスマホを見ようとしている自分を情けなく感じたり、彼の帰宅が少しでも遅いとイライラして不安になったり、この辛さは経験した事がある方にはわかっていただけると思います。

結果的には婚約破棄になり親を巻き込み悲しい思いもさせましたが、あの時彼の浮気を見て見ぬふりをしたり、目をつぶって結婚する事は私には出来ないと思いました。

このままでは絶対に幸せにはなれないと思ったからです。

 

あれから数年、私は別の男性と出会い、結婚し、現在は子供にも恵まれ幸せに暮らしています。

この幸せがあるのは、あの時勇気を出して原一探偵事務所に依頼したからだと今でも思っています。

調査報告書がなければ彼は最後まで浮気の事実を認めなかったでしょうし、婚約破棄も難しかったと思います。

現在「パートナーが浮気をしているかも」と悩んでいる方がいらっしゃたら、ぜひ浮気調査を依頼する事をおすすめしたいと思います。

私は縁があり原一探偵事務所を選びましたが、その選択は間違っていなかったと確信しています。

私の体験記が1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

もし彼が浮気をしていると感じたなら、悩むより前に無料相談を受けてみるのもいいかもしれません。

浮気調査を依頼する人の性別や年齢層は?