> LINEから浮気が発覚!慰謝料はもらえる?【注意点とポイント3つ】

LINEから浮気が発覚!慰謝料はもらえる?【注意点とポイント3つ】

結婚をしているパートナーや内縁の関係にあるパートナーがいる場合、浮気をされた側には慰謝料を請求する権利があります。

そして、浮気の証拠はLINEから見つかるケースが多いものですね。

LINEから浮気が発覚した場合、その証拠を元にして慰謝料を請求する事は可能なのでしょうか?

LINEの証拠では慰謝料がもらえない!?

LINEから浮気の証拠を見つけたら、精神的な損害賠償として「慰謝料を請求したい!」と思うのは当然の心理ですよね。

ですが、自分では慰謝料がもらえると思ってもLINEの証拠が通用しないケースもあるので注意が必要です。

慰謝料は不貞行為がないと請求出来ない

  • 「今日のデート楽しかったね」
  • 「愛してる」
  • 「たくさんキスをしたね」

なんていうLINEのやり取りを見たら、浮気の証拠を掴んだと思ってしまいませんか?

私も以前はこのようなやり取りさえ押さえてしまえば、浮気の証拠を掴んだ気になっていました。

ですが実は、こうした内容だけでは慰謝料の請求は出来ないんです!

慰謝料を請求出来るのは、不貞行為があった場合のみ。そして、法律では不貞行為とは肉体関係の有無を指します。

もう一度、上記のトークを見てみましょう。

・・・残念ながら、肉体関係があるか推測出来ませんね。つまり、慰謝料を取るだけの証拠にならないのです。

身体の関係をほのめかす内容のLINEは?

身体の関係をほのめかすLINEはどうでしょう。

  • 「今度ラブホテルに行こう!
  • 「エッチしようね!」

こんな会話が残っていたら、慰謝料はとれると思いますよね?でも残念ながら、それでも証拠としては不十分なんです。

「冗談のつもりだった」「約束したけど、行動には移していない」と言われてしまったら、その真偽を確かめる事は出来ません。

調停や裁判を起こしても、慰謝料の請求は認められないでしょう。

LINEで証拠を集めるのは違法になる!?

例えば浮気の証拠を集めようと、パートナーのスマホを弄り、勝手にLINEを見た場合。

その様なケースは違法になるのでしょうか?

もしLINEから浮気の証拠を見つけても、スマホを覗く行為が違法だったら…。逆に自分が追い込まれる可能性もありますよね。

プライバシーの侵害にあたる可能性がある

法律上、勝手に人のスマホを覗きみる行為は、プライバシーの侵害にあたります。

違法か否かと言えば、答えは「違法!」であり、訴えられる可能性は0ではありません。

また、もし少しでも不安ならプロに任せた方が賢明かもしれません。

【完全保存版】浮気調査でおすすめの探偵事務所はどこ?口コミ評価の高い探偵事務所トップ7!

ロック解除などは不正アクセス禁止法に触れる可能性も

浮気をしている人間は、スマホにロックを掛けているものです。

ですが、やはり気になるのは「勝手にロックを解除するのは違法か?」ということ。

結論から言うと、ロック解除の方法によっては不正アクセス禁止法に触れてしまい、場合によって1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金刑が科せられます。

不正指令電磁的記録供用罪にも注意

世の中には浮気調査に利用出来るアプリが存在します。

相手のスマホにダウンロードする事で、LINEの内容を自分のデバイスから覗き見る事が出来るのです。

とても便利なアプリのように思えますね。ですがこうしたアプリを利用した場合、不正指令電磁的記録供用罪に問われてしまうこともあるので注意が必要です。

LINEの証拠で慰謝料を取る為のポイント

LINEの証拠では、慰謝料の請求が出来ない訳ではありません。ポイントさえ押さえれば、慰謝料を取る為の立派な証拠となります。

こんなLINEが証拠になる!

慰謝料をとれるLINEの証拠とは、肉体関係があったと分かる内容。

例を上げてみると…

  • この間のエッチは最高だった
  • 一緒に行った○○のラブホテルは、綺麗だったね
  • ○○とのSEXが忘れられない

不貞行為があったと否定する事の難しいトーク内容を押さえておきましょう。

LINEの写真や動画もチェック

文章よりも証拠として有効なのが、写真や動画です。

といっても、どんな物でも有効となる訳ではありません。慰謝料の請求に役立つのは以下の通り。

  • 2人でラブホテルにいる事が分かる写真や動画
  • 行為中やその前後の写真や動画
  • 一緒にいる事が分かる裸の写真や動画

こうした画像を見つけたら、必ず証拠として残しておきましょう。

LINEの証拠は出来るだけ多く残す

実際のところ、LINEのトーク履歴だけでは、肉体関係が分かる文面でも証拠として強くありません。

それを補う為に、出来るだけ数多くの証拠を集めておきましょう。

肉体関係が1度だけではなく、複数回あったと分かるとベストです。

LINEの証拠集めで訴えられないために

勝手にスマホのロックを解除したり、LINEを覗き見るのは違法です。

ですが、それではLINEを使って証拠を集める事が出来ませんよね。

そこで訴えられない為のポイントをご紹介していきます。

正当な理由があると違法にならないことも

スマホのロックを解除して、LINEを勝手に見る事は確かに違法です。

ただし、浮気の証拠収集の為にとった行動は、違法に問われない可能性が高くなります。

また、パスワードを予測してロックを解除するのも、現在の法律ではセーフ。

LINEの内容を盗み見て入手した証拠でも、裁判で採用されると考えて大丈夫です。

ネットワーク経由でアクセスしない

ネットワーク経由で相手のスマホにアクセスをすると、違法となる可能性が高くなります。

例えば、ソフトやアプリを使い自分のスマホから相手のLINEを覗くといった行為は危険。

なりすましなど、違法な手段でパスワードを得るのも止めましょう。

まとめ

LINEの証拠で慰謝料するには、肉体関係があったと分かる内容のトークや画像が有効。

それも、出来るだけ多くの証拠を押さえる事が大切です。

また気になるのはスマホのロック解除やLINEの覗き見行為ですが、これも反訴される可能性は低いでしょう。ただし、ネットワーク経由だと不正アクセス禁止法に触れる恐れがあるので注意して下さいね!

条件によってLINEだけでは慰謝料を取るのに、不十分な事もあります。その場合でも、他の証拠とし合わせる事で有力な証拠になるので、LINEも最大限に活用しましょう!

LINE以外のチャットアプリにも注意すると証拠が見つかりやすくなりますよ!

【LINEはもう古い!?】浮気している人はLINE代わりのチャットアプリを使っている!

また、もし少しでも不安ならプロに任せた方が賢明です。

【完全保存版】浮気調査でおすすめの探偵事務所はどこ?口コミ評価の高い探偵事務所トップ7!