> 職業別!浮気をする男性の特徴【販売系編】

職業別!浮気をする男性の特徴【販売系編】

探偵会社に寄せられる依頼の中でも最も多いとされている「浮気調査」

それだけ、浮気に悩む人が多いということですね。

ちなみに30代の男性の3人に1人は浮気をした経験があるというデータもあるほどです。

芸能人や政治家の浮気報道も後を絶ちませんし、配偶者の浮気というのは決して他人事ではない、と言えるのではないでしょうか。

浮気をする男性にはいくつか特徴が見られますが、その一つに「職業」があります。

別記事「【完全保存版】3Bだけじゃない!男性にとって浮気しやすい職業とは?」の中では、浮気をしやすい8つの職業をご紹介させていただきました。

【完全保存版】3Bだけじゃない!男性にとって浮気しやすい職業とは?

今回はさらに掘り下げてその中の「販売系」の男性に浮気が多い理由、そして浮気の傾向などについてお話していきます。

販売系の仕事の男性は浮気をしやすい?その3つの理由とは

さて、なぜ販売系の男性には浮気をする人が多いのでしょうか?

それには3つの理由が考えられます。

①出会いが多い

販売系の仕事に就く男性は、物理的に女性との出会いが多いと言えます。

特に、アパレル系ショップやジュエリーショップなどでは、女性客が多いですよね。

また販売系の場合、特に飲食店などにおいてはアルバイトを多く採用する店もあります。

そのため、販売系という業種は出会いが多くあるといえます。

接客中は結婚指輪を外す男性も少なくありませんし、女性客との会話の中であえて既婚者であることを隠す男性さえいます。

女性客から連絡先を渡され、そこから個人的な付き合が始まり最終的に浮気関係になる…というケースも。

カリスマ店員などと呼ばれる存在になれば、店の商品ではなく店員を目当てに来店する人もいるほどです。

②コミュニケーション力

販売系の男性は総じてコミュニケーション力が高い傾向にあります。

「モノ(サービス)を売る」仕事ですから、まずはセールストークが得意です。

相手をリラックスさせ、親近感を覚えさせ、最終的は購買させる、これは対人関係にも使える能力でもあるといえます。

このコミュニケーション力を活かして、もしくはそのつもりはなくとも、特定の女性客と親しくなり、いつの間にか浮気関係になるという話は決して珍しくありません。

③時間的な自由

販売業の場合、多くはシフト制を採用しています。

そのため、浮気相手と会う時間を捻出しやすいというのも販売系の男性に浮気が多い理由と言えます。

店長やチーフなど、ある程度責任あるポストに就くと研修会や他店舗の視察などで出張をする機会もありますので、これを隠れ蓑にして浮気相手と密会するというケースも考えられます。

 

以上の3つの理由から、販売系の男性は浮気をしやすいと言うことができます。

次の項では、そんな販売系の男性の浮気の特徴についてお話したいと思います。

販売系の男性の浮気の特徴とは?

販売系の男性には浮気をする理由はわかっていただけたかと思います。

そして、そんな販売系の男性の浮気にはいくつか特徴が見られます。

短期間の浮気を繰り返す

販売系の男性は女性との出会いには事欠きません。

しかし、相手の女性が「客」という立場であった場合、それが会社にバレると一大事です。

そのため、一人の女性に深入りするケースは稀です。

多くの男性は、一度の浮気で味をしめ、その後も短期間のいわゆる「遊びの浮気」を繰り返すのです。

なし崩し的に始まる浮気もある

販売系の男性の場合、常連客の女性にしつこくアプローチされ、断ることができずに浮気関係になってしまう…こんなケースもあります。

特に、売り上げ金額が給与にダイレクトに響くという場合は、半分仕事として顧客の異性と関係を持つという人さえいるのです。

同僚との浮気は長期に及ぶこともある

浮気相手の女性が顧客である場合の浮気は、短期間の遊びの浮気になる傾向があります。

しかし、浮気相手が職場の同僚という場合は付き合いが長期に及ぶこともあります。

同僚ということで、仕事の悩みやストレスを共有できるため精神的な拠り所になることがあるからです。

また、男性サイドが別れたいと思っても、浮気相手がなかなか別れに応じず、ダラダラと長期の付き合いになるというケースも見受けられます。

販売系の男性の浮気の傾向というのは「誰と浮気するか」で変わってくるんですね。

 

また、このほかにも職業別の浮気をする特徴を書いてみました。

【完全保存版】3Bだけじゃない!男性にとって浮気しやすい職業とは?

夫が浮気?その時にあなたがすべきことは?

この記事をご覧になっている方の中には、すでに夫に浮気の疑いを抱いている方もいるかもしれません。

夫が浮気をしているかも…そんな風に思っても、決して感情的になってはいけません。

浮気が事実であっても、それを素直に認める夫というのは限りなくゼロに近いからです。

夫に浮気疑惑がある場合、まず最初にすべきことは真実を明らかにすることです。

あまり知られていないことですが、浮気には「法的な定義」があります。

「特定の相手と定期的に肉体関係を持つ」

これが法の定める浮気、つまり不貞行為です。

この法的定義を満たす証拠があれば、浮気は離婚事由として認められます。

証拠として有効なのは

  • ラブホテルに出入りする写真・動画(異なる日付で数回分)
  • 配偶者が自ら浮気を認めた供述(アナログ機器によるものが望ましい)
  • 探偵事務所が作成する浮気調査報告書

などです。

浮気相手とのLINEやメールは、状況証拠になっても確実な証拠にはなりません。

一度信頼できる誰かに相談してみるのもいいかもしれません。