> 【絶対に許さない!】旦那さんの浮気を防止するために必要な4つのこと

【絶対に許さない!】旦那さんの浮気を防止するために必要な4つのこと

あなたの周りに、“浮気をしている男性”または“旦那さんに浮気をされた経験がある女性”はいらっしゃいませんか?

ある調査によると、30代以上の男性の3人に1人はこれまで浮気をしたことがあるんだとか。

芸能人や政治家の浮気の報道が絶えないことや、浮気を題材にした映画・ドラマのヒットぶりを見ていると、この数字は決して大げさなものではない気がしますよね。

旦那さんの浮気によって受ける心の傷は計り知れません。

そこで今回は「絶対に夫に浮気されたくない」という女性のために、旦那さんの浮気を防止する方法を4つご紹介していきます。

夫婦2人の時間を大切にする!

あなたは旦那さんと「2人の時間」を十分に持てていますか?

仕事や家事、育児に追われていると、なかなか旦那さんと2人で過ごす時間を持つのは難しいもの。日々の忙しい生活に追われて、そのことに疑問や不安さえ抱いていないという方もいらっしゃると思います。

しかし両親はお子さんにとって「お手本」となる存在であり、夫婦関係の良さは子供の成育にも大きな影響を与えます。

“男の浮気”というとつい性欲解消が目的だと思いがちですが、男性は女性が想像する以上にデリケートな部分を持っています。

奥さんと2人の時間がないことを寂しく感じ、その代わりに癒しを外に求めてしまう男性は少なくありません。

欧米では結婚して10年以上経っても夫婦がデートするのは当たり前!

あまり知られていないことですが、実は欧米では夫婦は結婚して何年たっても「男と女の関係」であり、ベビーシッターや家政婦を利用して夫婦がデートをするのは一般的なんです!

  • 「最近夫とゆっくり話してないな」
  • 「最後に二人で出かけたのは一体いつだろう?」

そんな風に感じる時は週に1度、1時間でも良いので旦那さんと2人の時間を作るようにしましょう。

そうすれば浮気防止になるだけでなく、きっと夫婦の絆がより強固なものになりますよ!

夫婦2人の時間を持つことが浮気のリスクを低下させる

なぜ夫婦2人の時間を持つことが大切なのでしょうか?

それは、日本では結婚して夫婦になると「男と女」ではなく「家族」になる傾向が強いため。

結婚とは異なる環境で育った他人同士が家族になることなので、これは間違いではありません。しかし欧米の場合は、男女は結婚して家族になっても「男と女」なのです。

「男と女の仲」というのは、いつまでも恋人同士のような関係…と言えばわかりやすいでしょうか?

もちろん文化による違いはありますが、欧米の夫婦は子供が出来ても子供の前でハグやキスをしますし、ベビーシッターに子供を預けて夫婦がデートすることも日常茶飯事です。

欧米では子供が新生児時代から自分の部屋のベッドで一人で寝る習慣があるのも、夫婦がいつまでも「男と女の仲であるため」なのかもしれませんね。

もちろんいつまでも恋人同士のような関係であれば、旦那さんが他の女性に関心を抱いて浮気をする可能性も下がります。

アメリカのセラピストも認める夫婦2人の時間の大切さ

アメリカでは夫婦が行き詰った時や離婚の危機にある時などに、夫婦でセラピーを受けることが一般的です。

そして、セラピストはまず最初に「2人(だけ)の時間を持つこと」をアドバイスするほど、子供や親を交えず夫婦2人だけで向き合う時間というのは夫婦関係を再構築する上で大切なことだと考えられているのです。

さらに、その中でも「一つの目的に向かって何かをする時間」というのが非常に有効なのだとか。

一つの目標に…と言うと難しく聞こえてしまいますが、一緒に料理や掃除、買い物をする、ということでOKです!

さらにそれが難しい場合は、「ペットを飼う」のもオススメ!

これはペットを中心に自然と話題も2人の時間も増え、さらに責任を共有する事によって夫婦の気持ちが一つになるためです。

結局は、夫婦2人の気持ちが同じベクトルを向くことが大切なのでしょうね。

とにかく時間がない!そんな人でも夫婦2人の時間を作るには?

共働きであったり夜勤のある仕事を夫婦の一方がしている場合、まだ小さな子供がいる場合などは、物理的に2人の時間を持つのが難しいこともありますよね。

ここでは、そんな方でも夫婦2人の時間を作る方法についてお話していきます。

①寝る前のひと時で一緒にリラックスする

旦那さんの帰宅が遅い場合、先に奥さんが就寝するケースは多いと思います。

でも、たまには旦那さんを待っていてあげましょう。”待つ”と言っても長い時間を一緒に過ごす必要はありません、ほんの5分で良いのです。

もう少し余裕があるのであれば、寝支度を手伝ったり一緒にお酒を飲んだり…なんていうのも良いですね。

”ベッドに入ってほんの少しの時間でも会話する”、これだけの時間でも、あるのとないのとでは大違いなんです。

②趣味を共有する

同じ目標を持って行動することは非常に大切で、例えば夫婦で同じ趣味を持てば自然に会話も増え、相手を近くに感じるものです。

そんな趣味の中でもカウンセラーがもっとも推奨するのは、ペアで戦うスポーツなんだとか!具体的にはテニス、バトミントン、卓球、またはダンスなどですね。

旦那さんが多忙の場合は、旦那さんの趣味の中からあなたが興味を持てそうなものを始めるのも良いかもしれません。

③物理的に無理な場合は密なコミュニケーションを。

旦那さんが単身赴任をしている場合や、長期出張が多い場合はどんなに頑張っても2人の時間が作れないですよね。

旦那さんが帰宅した際に少しでも夫婦の時間を持つことはもちろん大切ですが、出来ればスマホやPCのツールを使って密なコミュニケーションをすることも意識して行ってみましょう!

ただし、通話やチャットアプリよりも「LINEやZoomでのビデオ通話」の方がオススメ。

きっと顔を見ながら通話すると、実際に側にはいなくても、相手をより近くに感じることはできるはずです。

外見・内面の自分磨きをする!

結婚してある程度の年月がたつと、どうしても女性はメイクやファッションに手を抜きがちになります。

妊娠や出産で体型が変わったし、育児に追われてメイクをする時間がない…そんな女性も多いのではないでしょうか。

しかし、男性の中にそれを受け入れられない人が一定数いるのもまた事実。

それは単に“容姿が変わり、以前に比べて魅力的でなくなった”という見た目の理由だけではありません。自分のためにキレイでいたい、そんな気持ちがもう妻にはないのでは?と寂しく感じてしまうためです。

そんな寂しい状態の時に他の女性からアプローチされると、つい浮気に走ってしまう男性は少なくありません。

旦那さんに浮気されてしまった私の友人に話を聞いたところ、楽だからとウエスト周りがゆったりしている服ばかり着たり、「どうせどこにも行かないし」と1日中スッピンでいたりと、思い当たることがいっぱいあったそうです。

どんなに忙しくても3分もあれば簡単なメイクはできますし、急激なダイエットは体によくありませんが、ほんのちょっと食生活を変えるだけで体型は変わります。

何よりもそんな小さな努力をするあなたは、旦那さんにとってきっと可愛い妻として映るはず。

そうすればきっと旦那さんは、他の女性には目がいかなくなる事でしょう。

それに自分磨きは旦那さんだけでなく自分のためにも有効です。浮気防止になるだけでなく、自信が持てるようになるとそれだけで毎日が変わりますよ!

【女は見た目が命?】外見の自分磨きについて

「人は見た目ではない」とは言うものの、やはり初めて会った相手のことはある程度容姿で判断してしまいますよね。

食べてみれば美味しい料理でも、盛り付けや器がイマイチだと食欲をそそりません。

つまり何事においてもやはり見た目、外見の良さは大切な要素なのです。

あなたの魅力をもっと引き立たせるためにも、まずは外見の自分磨きが出来ているか確認していきましょう!

外見の自分磨きについて、核になるのは以下の4つのポイントです。

  1. ダイエット
  2. 美肌作り
  3. 美髪作り
  4. 自分に合ったメイクやファッションの研究

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ダイエット(ボディメイク)

ダイエットというと「痩せる」というイメージがありますが、欧米ではダイエットは体重を減らすことよりボディメイクの感覚で使います。

自分が一番美しく見える体重というのは決して数値で測ることができません。ダイエット中はつい「マイナス○kg」という目標を立てがちですが、数字に縛られていては本当の意味でのダイエットは成功しないのです。

それよりも「二の腕をもう少し細くしたい」「太もものお肉を落としたい」といった具体的な目標を立てるのがオススメ。

また”りんごダイエット”や”ゆで卵ダイエット”といった単品系ダイエットは体重が落ちるのは早いですが、リバウンドの可能性が高く健康に深刻な影響を与える可能性があるため、オススメしません。

適度な運動をしながらバランスの良い食生活をする、これがダイエットの基本です。これに加えて部位ごとのエクササイズや週末デトックスを行えば、きっと最強のボディラインを手に入れることができますよ!

②美肌作り

どんなに顔が整っていてもスタイルが良くても、お肌が荒れていては美人度は一気にダウンします。

美肌作りというと、高い化粧品を使っての念入りなケア…というイメージがありますが、真の美肌は体の中から作られます。

低脂質・高タンパク質の食事、そしてビタミンを積極的に摂取しましょう。

また、乾燥はお肌の大敵です!洗顔後は1分以内に化粧水を顔につけ、その上からクリームで蓋をしましょう。

これで化粧水の有効成分をギュッと閉じ込めることができます。化粧水は安価なものでもよいので、添加物が少なめのものをたっぷり使うのがポイントですよ!

③美髪作り

男性は女性のキレイな髪に好印象を抱きます。ただ、人の髪はとてもデリケート。

カラーや毎日のヘアアイロンで水分が抜けて髪の毛がパサパサ…なんて方はいらっしゃいませんか?

傷んだ髪の毛は不潔なイメージを与え、好感度がダウンしてしまいます。とは言っても、毎週美容院にトリートメントに行くのは現実的に難しいですよね。

でも、実はシャンプーの仕方を変えるだけでサロン帰りようなサラサラ・ツヤツヤ髪になれるんです!

やり方はとっても簡単!「シャンプーをする前にトリートメントをする」、たったこれだけです。

濡らした髪にトリートメントをして3分程度放置。その後はいつも通りシャンプー、そして再度トリートメントをするだけ!

簡単なのに効果バツグンなのでぜひ試してみてくださいね。

④自分に合ったヘアスタイルやメイクの研究

女性誌を見ていると必ず流行りのヘアスタイルやメイクが掲載されていますよね。

しかし、それを試す前に「これは私に本当に似合う?」と自問自答してみましょう。

もし自分でわからない場合は、仲の良い友達や美容師さん、美容部員の人に聞いてみるのもオススメです。

女性はヘアスタイルやメイクを変えるだけで時に別人のように美しくなれます。ぜひあなたも自分に本当に合ったヘアスタイルやメイク方法を見つけましょう!

【良い女は中身も良い女!?】内面の自分磨きについて

「美人は3日で飽きる」と言われているように、「ただキレイ・可愛い」だけでは本当に良い女、旦那さんが自慢したくなるような妻であるとは言い切れません。

逆に言えば、外面だけでなく内面の自分磨きも行うことで、あなたの本来の魅力がより旦那さんに伝わりやすくなります!

そしてこれはある意味、見た目を磨くより難しいかもしれません。

  • 自分の事より彼の気持ちを優先する優しさを持つ
  •  彼の友達や知り合いに会った時に、失礼なく感じよく対応できるマナーを身につける
  •  「聞き上手」になって彼の話をしっかり聞いてあげる
  • 過度に嫉妬せず、彼を信頼する
  • 嫉妬からの束縛はしない
  • 他人の立場にたって物事を考えるようにする

こんな風に「相手目線」を意識し「自分本位」でいることを改善していくと、きっと旦那さんが自慢したくなるような、見た目も中身もステキな女性になれますよ!

自分磨きのポイントは「楽しみながら」すること

さて、ここまでは「外面」と「内面」の自分磨きの仕方についてお話してきましたが、自分磨きを成功させるポイントは「楽しみながらやる」ということ!

自分磨きはある程度長いスパンで行う必要があるため、苦しかったり嫌々やっていたりすると長続きしないのです。

楽しみながら自分磨きをするというのは、毎日を充実させるということ。「夫のため!」と必死になって自分磨きをしていると長続きしませんし、旦那さんにとっては重いと感じてしまうことも。

恋愛だけを考えるのではなく、資格取得や趣味に時間をかけたり女友達と遊んだり、毎日を旦那さんなしでも楽しめる余裕を持てるようにしましょう。

恋愛に依存するのではなく精神的に自立した女性こそ、本当の意味でのステキな女性であり、旦那さんが思わず自慢したくなる女性なのです。

旦那さんの話に耳を傾け、良き理解者であり続ける

日々の生活に追われて疲れていると、旦那さんに話しかけられても親身になって話を聞くのは難しいですよね?

しかし、話しかけてきた相手が子供であればどうでしょうか?

きっと子供に話しかけられて「今疲れてるから後でね。」なんて無愛想な対応をする方は滅多にいないですよね。

それならばぜひ、旦那さんに対しても同じように対応してみてください!

男性は女性より何倍もプライドが高いため、なかなか人に弱みを見せれません。そして妻というのは唯一、旦那さんの“むき出しの感情”を受け止めてあげられる存在なのです。

仕事をしていれば誰だって悩みや愚痴はありますし、男性は女性に比べ「誰かに認めてほしい!」という承認の欲求が強いと言われています。

そのため旦那さんの話に耳を傾けてあげるだけでも、あなたを自分の良き理解者と認識することで、旦那さんの心は癒され満たされるのです。

男性の浮気は性欲解消のためだけじゃない!

“夫の浮気の理由は性欲解消のためだ!”と思っている女性の方は少なくありません。

たしかに性欲は人間の三大欲求の1つですし、男性は身体の構造上”性欲解消のために浮気をする”ことは間違いないでしょう。

また複数の女性と肉体関係を持ちたいというのはオスの本能の1つであり、その本能を抑えることができない男性がいるのも事実です。

しかし、実は浮気をする男性の割合で言うと、精神的なよりどころを求めて浮気をする人の方が圧倒的に多いのです。

実は「妻が話を聞いてくれない!」と感じている男性は多い

主婦の一日はとにかく多忙で、仕事に家事・育児、学校行事にママ友との付き合いなど、休む暇もないほどですよね。

1日が終わるとクタクタで、そんな時に夫に話しかけられても相手をしたくない…そんな経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

しかし男性は「誰かに自分を認めてもらいたい」という欲求が女性に比べて非常に強いと言われています。

“すべての男性はマザコンである!”なんて言う心理学者がいますよね。それは母親が子供をありのまま受け入れ、認め、そして褒めてあげることによって、子供は自分が認められたような感情になるためです。

そして多くの女性は成長するにつれて“自分がその母親の立場にならなければ”と自覚し始める一方、多くの男性は子供の心のまま成長し、結婚後はその役目を知らず知らずのうちに奥さんに求める傾向にあるのです。

そのため、結婚生活が長くなるにつれて「妻が話を聞いてくれない」と不満に感じる夫が増えてくるのです。

男性は女性よりも承認欲求が強い!?

先ほどもお話した通り、男性は誰かに評価されたいという欲求(=承認欲求)が女性より強いです。

インスタやFaceBookなどのSNSに写真をアップする行為は“承認欲求の現れ”だと言われています。これは男性より圧倒的に女性に見られる行為ですよね。

しかし逆に言うと「女性はSNS等で小まめに承認欲求を解消している」とも言えます。

女友達やママ友につい自慢話をしてしまうのも承認欲求解消の1つの形。

一方男性の場合、SNSに頻繁に投稿したり男友達に自慢話ばかりする人はほとんどいません。

それは男性の承認欲求は不特定多数に向けられるものではなく、身近な人に向けられる傾向があるためです。

妻は正にその筆頭。それなのに「妻が話を聞いてくれない」「自分を理解してくれない」と感じた時、それは時に大きなフラストレーションや喪失感に繋がります。

そんな時に自分の話に耳を傾け、正当に評価してくれる女性に出会うと、心を許してやがて深い関係になってしまうことがあるのです。

このような浮気はただ単に肉体関係を持つだけの“遊びの浮気”とは少し類が異なり、いわゆる「本気の浮気」になりやすいのが特徴!

こちらの方がよっぽどタチの悪い浮気だと言えますね。

夫に対してどんな態度を取れば浮気防止になる?

「浮気が本気になる」

これは遊びの浮気よりも、家庭崩壊や離婚のリスクが大きくなるわけですから、女性側からすればもっとも避けたい事態です。

しかし妻が夫にとってよき理解者であれば、夫が浮気をする確率も、本気の浮気をする可能性も格段に下がります。

そのためまずは夫の話を真摯に聞き、受け止めてあげることが大切なのです。

母親のような寛容さで旦那さんに接する

お子さんを持つ方は分かるかと思いますが、子供の話を聞くには忍耐が必要です。

子供は繰り返し同じ話をしますし、間違ったことだってたくさん言います。

それに対して「さっき聞いた」「それは違うよ」などといちいち言うのが良くないことは、母親であれば分かっているはず。

実はこれ、旦那さんに対しても同じなのです。

子供の話を聞くように夫の話を聞く…結婚生活が長いベテラン主婦の中には「夫は大きな子供」と言う人が少なくないことからも、これは夫婦円満の秘訣と言えそうですね。

また、これはマザコン傾向のある男性にとっては特に有効です。

旦那さんの話を否定しない

男性は承認欲求が強く、認められたい気持ちが強い傾向があります。さらにプライドが高く、その反面デリケートな人も多いため、誰かに自分を否定されると想像以上に落ち込んでしまうのです。

旦那さんの話に耳を傾けることは大切ですが、それに加え旦那さんを否定しないことも大切です。

仮に旦那さんが間違っていると感じた時も、いきなり否定するのではなく「その気持ちはわかるし、そう考えるのも無理ないと思うけど…。」というように、いったんは受け入れるようにしましょう。

そうすれば旦那さんは否定されたとは感じませんし、あなたの意見を素直に聞くことができます。

「妻が話を聞いてくれる」「自分を理解してくれる」、そんな風に感じることができれば他の女性に目が行くことないですし、自分にとって最大の理解者が側にいるのですから、リスクをおかして他に癒しを求めることもなくなりますよ。!

旦那さんの経済状態を把握しておく

当たり前の事ですが、浮気をするのにはお金がかかります。

そしてそのお金は男性が負担することが多いため、経済的に余裕があると浮気のハードルは一気に下がります。

それは浮気調査の手段の1つに“クレジットカードや預金口座の流れの把握”があることからも明確で(これは不審な出費はないかをチェックするために行うのですが)、やはり使えるお金が限られていれば、浮気をする確率はかなり下がるのです!

旦那さんが給与を管理している場合は、妻であるあなたが管理するようになれば、浮気する確率をさらに下げることができます!

それが無理な場合でも、最低限のお金の流れは把握して怪しい出費があれば追及すると良いのではないでしょうか。

家計は私が握ってるから大丈夫!は大間違い!?

“夫の給与は妻が管理している”という家庭は少なくありません。

夫がお小遣い制だから、浮気はない!と考えている方もいるかもしれませんが、実はそうとも言い切れないのです。

それは何故かと言うと、今は様々な方法で「副収入」を得ることができるため。

ネットオークションなどを利用する事もできますし、株、仮想通貨、FXなどの投資で利益を出している…という可能性もあります。

実際に私が相談を受けたケースだと、「会社の残業と偽り、お小遣いを得るためにバイトをしていた!」なんてことも。

しかし、妻の知らぬ間に副収入を得ていたケースはまだ良い方です。

中にはクレジットカードを使ってデート費用を払っていたり、キャッシングをしていた方もいるので、いくら家計を自分が握っていても、旦那さんが何らかの手段でデート費用を捻出している可能性は考えるべきなのです。

旦那さんの経済状態を完全に把握するには?

旦那さんの経済状態を把握するにはどうしたら良いのでしょうか?

この項では、その具体的な手段をご紹介していきます。

最初にチェックすべきな明細類

まず最初にチェックすべきなのは以下の3つです。

  • 銀行口座の明細
  • クレジットカードの明細
  • 給与明細

「銀行のキャッシュカードを旦那さんが持っている、旦那さんが給与を管理している」という場合は「家計について把握しておきたい」と言って、一度明細を確認してみましょう。

納得できない支出がある場合には追及する必要があります。

クレジットカードの明細は、2人分と思われるレストランの料金はないか?女性との宿泊代と思われる支払いはないか?を中心に確認するようにしましょう。

また給与明細は、残業や出張費が給与に反映されているかをまずチェックします。一時の働き方改革の流れを受け、このご時世にサービス残業をさせる企業はほとんどありません。

数時間であれば問題ありませんが、10時間以上の残業代が一切支払われていない場合、残業や出張を理由にして浮気相手と会っている可能性があります。

借金の可能性も考える

借金をしてまで浮気相手にのめり込む人というのは割合的には少ないですが、決してゼロではありません。

「夫はお世辞にも高収入ではないのに、最近帰宅がよく遅くなる」「連絡の取れない時間帯が増えた」「最近何となく夫の様子が変わった」…こんな場合は要注意。

個人で借り入れをしている場合、妻であっても基本的にローン会社は問い合わせに答えてくれません。

そのため一番良いのは旦那さんにカマをかけてみることです。借り入れがないかを質問してみて、怪しい様子が見られたら徹底的に追及するようにしましょう。

経済的余裕がある人ほど浮気のハードルは下がる

羽振りのいい男性の周りには、既婚未婚問わず女性が集まりがちです。

クラブやキャバクラなどでモテるのも羽振りがいい人です。

「経済的余裕がある=浮気しやすい」ではありませんが、余裕がある人は浮気するための物理的障害は少ないため、ハードルが下がることは間違いないでしょう。

女性の中には、夫に浮気をさせないためにお小遣いを制限しているという人も!

加えて家計は自分が握り、前の項でお話したようにお金の流れをハッキリさせておく、そして夫のスケジュールを完全に把握しておけば、浮気をするお金も暇もなく無くなりますね。

そこまでやってしまうと束縛が強すぎて別の問題が生じるでしょうが…、経済状態をしっかりと把握しておくことはやはり重要です!

旦那さんの浮気を防止する方法についての「まとめ」

実のところ夫が浮気をしても、離婚に至る夫婦は3割以下と言われており、残りの7割の夫婦は離婚をせずに、夫婦関係の再構築を選択します。

しかし婚姻関係を継続しても真の意味での「復縁」に何年もかかったり、子供のためだけに仮面夫婦を続けたり、再構築を試みたものの数年後に離婚に至ったり…といったケースは少なくありません。

そしてそのためやはり「浮気を防ぐこと」が最も大切であり、今回ご紹介した4つの方法を実践すれば、かなりの確率で旦那さんの浮気を防ぐことができます。

どれか1つでもピンとくるものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね!