> 【トラウマを解消】旦那さんの浮気のフラッシュバックを乗り越える方法7選

【トラウマを解消】旦那さんの浮気のフラッシュバックを乗り越える方法7選

“夫の浮気を見つけてしまった時のフラッシュバック”

浮気によって1番辛いのはこれではないでしょうか。

夫の浮気を知った時のショックやそのことを伝えた時の夫の言葉、浮気を目撃してしまった場所、シチュエーション、LINEや手紙のやり取りというのは、ふとしたきっかけでよみがえります。

私自身も、未だに引きずっていないというと嘘になります。

あなたは今まで、どれだけこのフラッシュバックに悩まされてきましたか?

ふとしたことがきっかけで、悲しみや不安、夫への怒り、浮気相手への劣等感など、普段抑えているはずの感情があふれ出してきて、コントロールできなくなるのは辛いですよね。

今回はそんな方に向けて、「浮気のフラッシュバックが辛い理由」「夫の浮気の乗り越え方」について書いていきます。

浮気のフラッシュバックがつらい理由3つ

夫には自分の気持ちが分からないから

フラッシュバックの何が嫌って、“夫には自分の苦しみが分からないこと”ですよね。

パートナーは浮気相手との関係を切り、謝った時点で浮気を過去の事として捉え、すでに前を見て生きているのに、自分だけ未だにそのことを引きずっている・・・。

そんな風に思い出すと、不公平なように感じてしまうし、自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

信じてきた相手に裏切られたことへのトラウマと恐怖を持ってしまうから

今まで信じてきたパートナーに浮気・不倫で裏切られた、という恐怖が元となり、フラッシュバックは起こります。

“信じていた人からの裏切り”というだけでも辛いのに、それが最も信頼していた“夫”であれば、その悲しみはもっと何倍も大きいですよね。

私の友達には、旦那さんの浮気がきっかけに人間不信になってしまった子もいるくらいです。

浮気相手に劣等感を感じてしまい、更にそんな自分が嫌になる・・・という悪循環に陥るから

浮気相手に劣等感を感じ続けてしまう・・・というのも辛い理由の1つ。

自分の心の中に生きている浮気相手はいつまでもキレイで完璧で、

・浮気相手の方が私よりも愛されていたんじゃないか

・浮気相手の方がキレイだったんじゃないか

・浮気相手の方が夫との体の相性が良かったんじゃないか

・浮気相手の方が夫と趣味があっていたんじゃないか

なんて考えてしまい、それと比べて私は・・・、と自己否定に陥ってしまいますよね。

では、そんなときにはどう対処すればいいのでしょうか?

私の経験をもとに、7つほどご紹介させていただきますね。

夫の浮気を忘れる方法7選

1人でいるときには感情を抑えようとせず、思い切り吐き出してしまう

1人でいるときは、思いっきり感情を吐き出してしまいましょう。

貯めこみすぎるのが一番良くありません。

悲しければ声を出して泣く、ムカついたら声を出して叫ぶ・・・そうすることで、きっと少し楽になりますよ。

友人に相談する

友人に相談するのも1つの手です。どうしても1人でいると悶々としてしまい、どうして良いか分からなくなることもあると思います。

そんな時には信頼できる友人に素直な気持ちを打ち明けることで、少しでも気を楽にしましょう。

占い師に見てもらう

ただ、意地っ張りな私は信頼している友人にもうまく相談することが出来ませんでした。

(その頃はちょっと人間不信になりかけており、相談して噂を広められたらどうしよう、と考えていたのもあるかもしれません・・・。)

そんな時によく利用していたのが「電話占い」です。

私の場合はどうしても対面で浮気のフラッシュバックの相談をするのに抵抗があったので、電話だけで個人情報を打ち明けすぎることなく悩み事を相談できる電話占いにはかなり助けていただきました・・・。

初回無料のところも多いので、まだ夫の浮気についてどう心を整理していいか分からない、という人にはこれが1番おすすめです。

夫に正直に打ち明けてみる

“夫に正直に今の心境を打ち明けてみる”というのも有効です。

夫にとっては浮気がすでに過去の事になっており、女性側が未だに浮気について引きずっている、という心境がほとんど理解できていないことも多々あるようです。

そんな時にはまだ自分はフラッシュバックに悩まされていることを素直に伝えてみましょう。

ただ、悩みを吐き出した後には、「たくさん話せて気持ちが少し楽になったよ、ありがとう!」と、きっちりお礼を言うことが大切です。

夫にちょっとした物や食事をけじめとしておねだりする

いつまでも浮気を引きずっているわけにはいかない!と思うのであれば、ちょっとした物や食事をおねだりするのもおすすめ。

出来れば今の夫の経済状況から考えて、少し高いかな?というくらいの金額のモノが良いです。

これらを貰うことによって、今後フラッシュバックした時にも、「でもあれを買ってもらってその件はチャラにしたから!」と自分を少し納得させることが出来ます。

夫に頻繁に連絡してもらうようにする

また浮気されないか心配・・・、と少しでも思うのであれば、旦那さんに相談して、日中にも頻繁に連絡をしてもらうようにしましょう。

旦那さんも、裏切ってしまったのだから、多少の束縛は仕方ないか・・・、と承諾してくれると思いますよ!

旦那のスマホにGPSアプリを入れてもらう・・・までいくと少しやり過ぎな気もしますが、連絡の頻度を増やしてもらう、位なら旦那さんからしても受け入れやすいですし、良いかと思います。

仕事や家事・育児、趣味に没頭する

また、仕事家事・育児趣味といった、「集中していると他の事を考える余裕がなくなるもの」に取り組むのも有効です。

結局、旦那さんと接していると、ふとしたきっかけで浮気の事がフラッシュバックしてしまう、という方も多いのではないでしょうか。

そんな時には意図的に他の事に熱中することで、あえて旦那さんを忘れる時間を作ることで、うまくそんな自分と付き合うことが出来るようになりますよ。

それでも解決しない場合は・・・

ここまで夫の浮気を忘れる方法をご紹介してきましたが、実際のところ、これらを全て実践したところで、「元の夫婦関係に戻る」というのは難しいと思います。

そういう時は、「なんで私は昔の事をずっと引きずっているんだろう・・・」と自己嫌悪に陥るのではなく、以前ほど強い信頼関係には戻れない、ということをまず認めてしまうことが大切です。

大切なのは、「浮気したのは夫であり、自分は悪くない」と思うことで、自己嫌悪に陥りすぎないようにすること、そして「自分には幸せになる権利がある」ということを忘れないようにすることです。

それでも解決しない場合は、「離婚」も視野に入れていくべきだと言えます。

何も浮気のフラシュバックが辛く、パートナーといるのが苦痛になってしまうのなら、無理をしてまで一緒にいることはありません。

また、こちらの手札として“離婚”というのも持っておくことで、「前よりも夫が自分に優しくなった」「家事を積極的に手伝ってくれるようになった」という声もよく聞きます。

もし、

・パートナーと一緒にいると浮気がフラッシュバックしてしまうから、しばらく距離を置きたい

・“離婚”という選択肢も持っておくことで、夫にこれまでよりももっと優しくなってもらいたい

と思うのであれば、まずは1度離婚の調停に詳しい弁護士の方に無料相談をしてみるのが良いでしょう。

これは意外と知られていないことなんですが、実は調停は離婚を決意していなくても利用することが出来ます。

離婚の際の財産分与や慰謝料、子供の親権や養育費について、日本では夫の浮気をきっかけとした離婚の場合、だいぶ妻の方に有利になるように法律が整備されています。

もし万が一離婚することになっても、大体これくらいの生活は維持できるんだ・・・と知っておくとこで、気分的にもだいぶ楽になるのでおすすめですよ!