「あれ私の夫、もしかしてマザコン・・・?」そう思ったときのチェック&こっそり改善法3選

最近テレビドラマやニュースでも話題になっている“マザコン男性”

きっとそうなったのは、お母さんの権力の下で育ったことや、お母さんのちょっと強すぎた支配欲が原因であり、本人のせいではない・・・と言えなくもないですが、コミュニケーション能力不足の男性とは距離を置いた方が賢明ですよね。

ただ、友達や彼氏ならまだしも、旦那さんがそうであった場合、“距離を置く”というのは簡単に出来ることではありません。

また、マザコンの男性にハマってしまう女性はそういった男性を寄せ付ける傾向がずっとあるため、「気づいたらまたマザコンの男性と付き合っていた・・・。」なんて事も多いようです。

恋愛・結婚相談をたくさん受けてきた私から見ても、やはり面倒見のいい女性や母性本能の強い女性にこの傾向が強く、逆にこの悩みを持たない女性にとっては「??」となってしまう悩みでもある気がします。

あれ私の彼氏、もしかしてマザコン・・・?そう思ったときのチェック方法

「男って、本当に分からないんだから・・・」

「もう男なんてこりごり・・・。」

今の旦那さんと一緒にいてそう感じるなら、相手の言動に極度に振り回されている証拠

このような場合、お相手はマザコンである可能性が高いです。(もちろんただわがままの場合もありますが・・・。)

チェックする1番分かりやすい方法は、「相手が1対1での面と向かっての長い会話に耐えられるかを見る」というものです。

そもそもマザコンの男性は“母親だけ”という狭い世界で育ったため、社会と言う広い世界に出されるとどうして良いのか分からなくなっているのです。

そしてその結果、ビックリするような言葉を発したり、とんでもない場違いなことをしでかしたりして周りを驚かせてしまう、というわけです。

問題は、マザコンの男性と彼のお母さんとの世界では特別なコミュニケーション能力が必要ないことです。

「あれして」「これして」と言葉に出さなくても、彼のお母さんは顔色一つで要望に応えようとしてくれます。

そしてこのせいで、「どうやったら相手に分かってもらえるか」「どうやったら相手が理解しやすいか」といったことを考えないまま大人になってしまうのです。

だから、このような男性は自分のコミュニケーション能力の無さを棚に上げ、付き合っている女性を攻撃します。

その男性の心理の裏には、

「母親は分かってくれるのに!」

「どうして君は分かってくれないんだ!」

「もしかして僕のこと、そんなに好きじゃないの?」

といった心理が隠されています。

結婚している場合や、今付き合っている男性がどうもマザコンみたい、でも大好きなの・・・!と言う場合は別ですが、間違ってマザコンの男性と付き合えば、女性にとっては時間のロスになります。

特に結婚適齢期だと、貴重な時間を無駄にすることになりますので、基本的にそのような男性とのお付き合い・結婚はオススメしていません。

夫のマザコンを改善する方法

この章では「夫がどうもマザコンみたい・・・!」という女性に向けて、旦那さんのマザコンを改善する方法についてご紹介していきます。

マザコンのそもそもの原因は、子供の頃に母親が何でもかんでも面倒を見てしまったため、コミュニケーション能力が不足している事です。

その為、この『コミュニケーション能力不足』を改善する必要があります。

たくさんの人がいる異業種交流会やパーティー、飲み会の場に積極的に連れていく

大切なのはあなた自身が旦那さんに対してどうこう言うよりも、旦那さんが他の人の姿を見て自分で学んで改善した場合の方が効果がある、という事です。

その為に利用すべきなのは異業種交流会などの、強制的にたくさんの人と触れ合う機会が設けられている空間です。

ただ、最初のうちは赤の他人とばかり話すのは難易度が高いため、友人とのパーティーや飲み会なども有効でしょう。

マザコン男性と結婚している・付き合っている女性とその彼とのダブルデート

これも「人の振り見て我が振り直せ」じゃないですが、マザコンの男性が普段どのような態度で彼女や奥さんに接しているのかを客観視させるのも非常に有効です。

実はマザコンの男性自身は、普段から自分が奥さんに甘え切っていることを自覚していません。

そこで、他の人の様子を見ることで、「あっ、もしかして自分もそうなのかも・・・。」と気づくきっかけになるのです。

「私はあなたのお母さんじゃないよ」とはっきり伝える

最後にこっそりでないやり方もお伝えしておきますね。笑

それは「私はあなたの母親ではない」「そこまで気を遣えないし、面倒を見きれない」とはっきり伝えてしまうことです。

旦那さんとあなたは、互いに惹かれ合って結婚をしたことでしょう。

しかし、2人とも違う土地や家庭環境の中で育ったのであり、100%分かりあう、という事はどんなに頑張っても無理なのです。

その中で大切なのは『歩み寄りの心』であり、そのために必要とされるのが『コミュニケーション能力』です。

これがないと、いつか結婚生活は破綻してしまいます。

たまには旦那さんに気持ちをはっきりと伝えることで、互いの長所だけでなく短所にも向き合い、一緒に改善していく、というのも長く続く結婚生活には必要なことではないでしょうか。