夫に不倫されたらどうする?今あなたがやるべき5つのこと。

日ごろからドラマ等では目にする機会が多いものの、いざ、パートナーに浮気をされていたのが分かった時にはどうしたらいいのか分からない方も多いでしょう。

私自身も「夫の浮気から離婚」という経験をしているのですが、その時は信頼できる友人たちのおかげで判断を誤らなかっただけで、彼女たちがいなかったらきっと間違えた選択をしていたと思います。

よくあるNG行動で一番多いのは、浮気をしているかを直接旦那さんに問い詰めること。

多くの女性から浮気に関する相談を受けてきた私経験則ですが、まず浮気を問い詰めたとして90%以上の人が証拠の隠滅を図ります。

そのため、旦那さんに問い詰める、というのは良くないと分かっていても、浮気や不倫によって怒りや悲しみを感じているときには、皆さん間違った判断を下しがちなんです。

そこでこの記事では、浮気・不倫をされたときの対処法とやってはいけないことをご紹介していきますね。

浮気・不倫をされたときにやるべき5つのこと

①まずはたっぷりと時間をとって、心の傷をいやし、自分の本心に向き合う

旦那さんの浮気を発見してしまうと、感情は激しく乱れ、頭や気持ちの整理がつかなくなってしまうのが人間というものです。

まずは自分が悪かったんだ、魅力が足りなかったんだ・・・などと自分を責めることなく、たっぷりと今後について考える時間を取りましょう。

そしてゆっくりと頭や気持ちの整理をして、これから自分はどうしていきたいのかについて考えるのです。

ここで大切なのは、旦那さんにその話は言わないようにすること。

本心であれば、距離を少しあけて考えたいという方もいれば、すぐに関係を修復したいと思う方、今すぐ別れて二度と顔も見たくないと思う方もいる事でしょう。

ですが冒頭にもお伝えした通り、浮気についての話をすると、多くの男性が証拠の隠滅に走るため、今後の為にもそのタイミングではまだ「あなた、浮気してるでしょ?」などとは言わないのが得策なのです。

本人からの証言やレシート、LINEの履歴やツーショットの写真、だけでは法的な証拠にはならないことが多いのでその辺に関しても詳しく理解しておく必要があります。

疑惑があるならまずは落ち着いて証拠を集めることが大事です。

最初の衝動がある程度抑えるようになり、冷静な判断が出来るようになったら、今後について考えましょう。

一番信頼できる友人に話をしたり、占い師に話を聞いてもらうのも良いでしょう、また給料を思い切ってパーッと使ったり、運動をして体を動かすことで、ストレスを発散するのもいいかもしれません。

②旦那さんには言わずに、事実を調査する

浮気をされていたと断定してしまうと自分自身の思い込みもたくさん出てしまうと思います。

そこで大切になってくるのは、事実確認をすることです。

もちろん、これは本当に怖いことでしょう。

今まで信じてきた旦那さんに裏切られていたのかをしっかりと見定めることになるのですから・・・。

ですが、あなたが旦那さんの浮気を疑いだした時点で、2人の関係はある意味で破綻しており、大幅な改善が必要なわけです。

もし単なる思い過ごしであればそれで良し。もし本当に浮気していたのであれば、今後の旦那さんとの関係について「許して結婚生活を続ける」「離婚する」の2択から選択をすることになります。

どちらにしろ、事実から目を背けたままで、被害妄想が激しい状態だと色々な場面で自分が苦しめられてしまうだけです。

もしかしたら、付き合いで一度買い物をしただけで何も起きていない、会社の部下が酔いつぶれてしまい仕方なく送っただけ、などといったケースもあるかもしれません。

だから気持ちの整理が付いたら、まずは事実の調査をしましょう。

③これからについて話し合う

自分の気持ちに整理が付き、事実確認が終わったら、旦那さんとこれからについて時間を設けて話し合いましょう。

これからをどうするか決断をするのは簡単なことではありません。

旦那さんとの話し合いの中で心が揺れ動くこともあるかとは思いますが、いちばん大切なのは“あなたはどうしたいか?”ということです。

まずはどのような思いで浮気をしたのか聞くのも重要なことです。

一度限りの出来心でやった浮気であれば、「性欲に負けただけ」とも解釈できますが、数か月~数年及ぶものであれば、もはや「結婚生活は破綻していた」と言えるでしょう。

旦那さんがどのような気持ちで浮気したかを知ることも大切なのです。

④関係を続けるか、離婚するかを選択する

旦那さんから話を聞いたら、関係を続けるか、離婚をするかを選択しましょう。

プレイボーイとして有名なロンブーの敦さんは「男と女は、付き合ったら分かれるか結婚するかのどちらかしかない。」と言っていました。

結婚生活も同じです。

「結婚したら、一生を添い遂げるか離婚するかのどちらか。」しかありません。

過去に旦那さんが何度浮気をしたことがあるのか、これまでの行いを許し今後も旦那さんを支え続ける自信があるのか、あなたのこれからの人生をかけて愛すべき人なのかを自問自答してください。

喧嘩が絶えなかったり、自分の気持ちをごまかすことが多かったりした場合、これを潮時と考えるのも良いかもしれません。

また、相手が浮気をしたことの重大さを理解しているか確認しましょう。相手が心から悪いと思っていない場合は、考えるだけ無駄、ということもあります。

浮気をされた後も関係を続けていくには、自ら進んで相手のことを許すことが必要です。

その為にも、特にあなたが関係を続けていこうと考えているのであれば尚更、旦那さんがきちんと反省しているのか、それともうやむやにしようとしているのか、今後どうしたいと思っているのかなどを聞いておく必要があります。

⑤-1.関係を続ける

関係を続けると決めた場合、まず理解し、受け入れないといけないことがあります。

それは“旦那さんの浮気による苦痛のフラッシュバック”です。

浮気をされたという精神的な苦痛を思いだすきっかけは生活を共にしていくうえで色々なところに潜んでおり、旦那さんと共に生活していく限り、日常的に思い出してしまうのです。

あなたは昔付き合っていた男性と別れてしばらくの間、ふとしたきっかけ、例えば香水の匂いや一緒に訪れた場所、友人から言われた一言や料理の味に彼の面影を感じ、なんとなく寂しい気持ちになったことはありませんか?

それと同じようなことが、ふとしたきっかけで起こってしまうのです。

しかし、それにとらわれ過ぎないようにもしてください。

トラウマのような経験は、起こったことを理解しようとして脳が何度も思い出そうとしてしまいます。

脳はその仕組み上、このような痛みを受けないようにしているのですが、理由を理解しようと分析を繰り返してしまうのは避けられないのでしょう。

また、頭の中で何度も思い出してしまうのは、パートナーに浮気の詳細を聞きたいと思っているからだとは思いますが、浮気の内容を詳しく聞くのは絶対にやめましょう。

そんなことをしても何の役にも立たないですし、何の解決にもならないからです。

2人の生活は前と同じようにはいかないと思ってください。

このように浮気をされてしまったのは自分の管理が甘かったからと思うと、相手を管理したくなるのは当然ですが、必要以上に相手を束縛するのもやめましょう。

再び悲劇を繰り返さないようにしたいと思うのは分かりますが、旦那さんのスマホや、クレジットカードなどその他個人的な情報にまでアクセスすることや、帰宅時間やどこで何をしているかなどについて度々聞くのは逆効果です。

また、喧嘩のたびにその話を持ち出すのもよくありません。そのたびに浮気されたことを切り札として使うのは最低なことです。相手を許し、前に進もうとすることができなければ、これ以上関係を続けられない、という事でしょう。

信頼を築くには時間がかかりますから、着実に関係が回復するとも限りません。ただ、我慢強く努力を続けていれば危機を乗り越えた二人の関係を少しでも回復させることはできるはずです。

⑤-2.別れを決める

浮気されたことを許すことが出来ない、水に流して今後の結婚生活を続けていく事が出来ないと思うのは当然のことです。

別れ決めたからと言って、自分を責める必要はありません。

一番大切なのは、“自分を嫌いにならないで済むような別れ方をする”ということです。

相手を傷つけようとしたり、復讐しようとしても、気持ちが晴れるのは一瞬だけで傷ついた心の傷は長引くだけです。

しっかりと別れて、自分の人生を立て直すことに意識を向けるようにしましょう。

ついでに私の場合、旦那の浮気相手の女性には一度連絡をしました。

夫を奪われたんですから、それくらいは良いですよね・・・?笑